30cm薪の使い勝手
多くのユーザー様からご好評いただいている30cm薪の使い勝手についてご案内させていただきます。店主自身で例えてみても、所有するスキャン8GLは中型ストーブで、最長40cmの薪を燃やすことができますが、ご自分で割った大割りの薪や製材所からいただいてきた角材などと併せて焚く場合などはこの30cm薪が収まりもよく、とても使い勝手が良いのです。
さらに都心に住む方が多く使用している小型ストーブには30cm薪しか入らない場合などもあることや、薪のストック場所のスペースを確保することが難しいことなどから、箱詰め薪もご用意させていただいております。箱詰めにすることで、箱を数段に積み重ねて置くことができるようになり、場所をとらないための工夫でもあります。
中型ストーブには間口の大きさが合う36cm薪しか入れられないとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな勘違いだと店主は考えます。定格に記されたサイズの薪を杓子定規と理解して使うよりも、ご自分で作られた長・短の薪や大割り薪・木っ端材と併せて効率よく焚くことの方が、炎と長く付き合える秘訣ではないでしょうか。

購入フォームはこちらをクリック!

 

>30cm薪の使い勝手

 

30cm薪の使い勝手

 

店主の逸品

Do It Yourself!

リンク